Android Studioをubuntuに入れてみるテスト

みんなが既にやってる話題だと知りつつ、備忘録として書く。

ubuntuは安心の12.04LTSを使う。

まずは、javaを入れる。OpenJDKよりOracleJDKが推奨っぽいので、

あえて、Oracle JDK 6 を入れてみる。

Oracle Java Archiveから64ビット版のjdk-6u45-linux-x64.binをダウンロードする。

sudo chmod 755 jdk-6u45-linux-x64.bin
sudo ./jdk-6u45-linux-x64.bin

実行属性をつけて、実行すると自動的に解凍される。

違うバージョンじゃないと動かなかったりしたら悲しいので、

/usr/java/defaultにシンボリックを張ってalternativesに登録しておく。(しなくても問題なし)

sudo mkdir /usr/java
sudo mv jdk1.6.0_45 /usr/java/
sudo ln -s /usr/java/jdk1.6.0_45 /usr/java/default
sudo update-alternatives --install /usr/bin/java java /usr/java/default/bin/java 100

環境変数とか設定します。

vi ~/.profile

以下のような記述を最後に追記して保存。

# Oracle JDK
export JAVA_HOME=/usr/java/default
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

そして、有効化する。

source ~/.profile

Android DeveloperのサイトからLinux版をダウンロード。

好きなところに解凍する。

tar zxvf android-studio-bundle-130.737825-linux.tgz

私は適当な人なので、自分のhomeに解凍しましたw

とりあえずの起動確認は

./android-studio/bin/studio.sh &

起動後の云々は、ggってくださいw

最後にUnityのランチャーにショートカットを登録します。

gedit ~/.local/share/applications/android_studio.desktop

内容は

[Desktop Entry]
Version=1.0
Type=Application
Name=Android Studio
Exec="/home/goro/android-studio/bin/studio.sh" %f
Icon=/home/goro/android-studio/bin/idea.png
Categories=Development;IDE;
Terminal=false
StartupNotify=true
StartupWMClass=jetbrains-android-studio
Name[en_GB]=android-studio.desktop

※5行目と6行目は自分の解凍した環境に合わせるように編集してねw

nautilus ~/.local/share/applications

とするとファイルが表示されるので、

android_studio.desktopと言うファイルをランチャーにドラッグ&ドロップすれば、

何となくドロイド君のアイコンが張り付くよw

android-studio

「Android Studioをubuntuに入れてみるテスト」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です