KTG kernel 2.01 beta for ICS on xperia arc/arcS のソースについて

どうも、最近はApple的な流れになっている様なアレですが、前から言ってる通りで、道具としては申し分ないと思いますよ、林檎。でも、まぁ言い換えれば、ハサミとかと同じような位置づけなので、個人的趣味的にはおもしろいものではない訳で。

ギリギリ、下り最速でなくなったような気がするので、改めてGithubにソースをアップしました。

流れ的には、

nAa氏の3.0.8カーネルソースを入手 → でもこれ、CM用なので、公式ICSで動かない。

 ↓

公式ICSで動くようにmodify

 ↓

Xperia S(docomoでいうとNX)の3.0.8をmerge

 ↓

WiFiがうまく動かないので、nAaカーネルソースからcompat-wireless削除

 ↓

TI-OpenLinkのGithubからR4-kernel-3.0.4を入手し、merge

 ↓

さらに、SEMCオリジナルソースからwirelessソースをmerge ← 今、ここ

リンク

ソースは ここ

makeすれば、wl12xx.ko wl12xx_sdio.koが一緒に作られます。

WiFiについての考察

WiFiに関しては、どのfirmwareが最適なのか、あと、Calibrationがうまくいってないような感じがする今日この頃です。

  • wl1271-fw-multirole-roc.bin ← オリジナルfirmware
  • wl1271-fw-2.bin ← 動かない
  • wl12xx-fw-3.bin
  • wl12xx-fw-4-mr.bin ← 動かない
  • wl12xx-fw-5-mr.bin

wl12xx-fw-3.binが安定感があります。使うときは、オリジナルと同じファイル名にリネームします。
(オリジナルじゃないのかよw)

Calibrationの話は、このあたりに書いてます。

arcのROMには、/system/bin/wlan_calibtarorというコマンドが入っていて、起動時に/system/bin/wifi_load.shというスクリプトで処理してます。
KTGではこのスクリプトを消さないように、wifi_load2.shって名前に変えてますw

そして…

なかなか、進まないねぇ… ICSで動かしてからJBかKKしようと思うんだけども…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です