SO-01Bにxdaのjit-enablerを入れてみるテスト。

SO-01Bのノンカスタマイズ状態からの挑戦!
root化とxRecovery導入は必須でうs。

1.これをダウンロードしてきて、/system/appと/system/frameworkをぶっこ抜く。

2.1のツールでもできるけど、何してるかよくわからんので、こっちをダウンロードしてきて、appとframeworkをdeodex化する。

3.xRecovery用のzipファイルを作成して、2でできたdeodexしたappとframeworkを全て突っ込む。

4.Xperiaを再起動して、xRecoveryを立ち上げる。

5.4の状態でadb shell

6.本体の/system/appと/system/frameworkの中を消し去る
mount -o remount,rw -t yaffs2 /dev/block/mtdblock2 /system
rm /system/app/*
rm /system/framework/*

5.xRecoveryメニューの Install custom zipから
これをインストール。いわいるjit-enabler。

ここで!再起動せずに、本体の/system/appと/system/frameworkの中を消し去る。
adb shellで、/systemはマウントされているはずなので
rm /system/app/*
rm /system/framework/*

続いて、3で作ったzipをインストール。

6.xRecoveryメニューのAdvanced optionsから
dalvikvmのcacheをクリア

7.再起動!でOKなはず・・・

jit-enablerも個別にインスコしたりと、いろいろ試したが、
結局、libdvm.soを入れた瞬間に文鎮・・・

よって、deodex化に踏み切りましたw

いまのところ、何も問題なくいけてます。まだ7時間ぐらいしかたってませんがw

これ

pj0402.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です