[GX/SX] 誰でもやりがちなアレ

NO IMAGE

お昼休みのひとときにw

あると便利なinit.dスクリプトを有効にしてみる。

入れどころはどこがBestなのかは置いておいて、/etc/hw_config.shに追加してみた。

ファイルのおしりに以下を追加。

 # enabled /etc/init.d scripts
 /system/xbin/busybox mount -t ext4 -o remount,rw /system
 /system/xbin/busybox mkdir -m 755 /system/etc/init.d 2> /dev/null
 /system/xbin/busybox chmod -R 755 /system/etc/init.d
 /system/xbin/busybox mount -t ext4 -o remount,ro /system
 /system/xbin/busybox run-parts /system/etc/init.d

ディレクトリがなければ作るし、パーミッションも実行前に変更する仕様で。

※自前ですれば、最後の行だけでも問題ないですなw

Link2SDでスクリプトの再作成すると、このディレクトリの中にスクリプトを作ってくれますね。

プラシーボ満載だけど、ココ参考にSDの読み込みの高速化スクリプトを、入れてみる。

 #!/system/bin/sh
 # SDcard speed Tweak
 echo "2048" > /sys/devices/virtual/bdi/179:0/read_ahead_kb;
 echo "2048" > /sys/devices/virtual/bdi/179:32/read_ahead_kb;

上がインターナルでしたがエクスターナル。

適当な名前で改行コードはLFのみで保存して、init.dの中に放り込んでおけばできあがり。

※とりあえず私は50sdspeedtweakって名前にしておきましたがw

ま、ファイル名なんだけど、このディレクトリに入っているファイル達を名前で昇順にソートしてソート順に実行していくので、頭に数字つけておいて、意図的に実行順序を指定するわけですなw