v06の謎

NO IMAGE

いろんなところで、語りつくされているのですが、一体何を公開してるのか!という謎に迫ってみます。(誰も知りたくないってw)

そもそも、v03で、おおむねやる事はやりきったわけですが、バグフィクス&ちょこっとチューニングで版があがっております。

jit v2をノーマルdocomoに導入すると文鎮化するのは、odexというファイルの存在でうs。

海外用のファームとしてxdaに公開されているものは、このodexがないのだと思われます。

なので、単にodexファイルを同じようになくせば、導入できるはずだ!で、できたたw

というわけでうs。

たとえば、ノーマル状態ではシステムの設定アプリは

Settings.apkというファイルとSettings.odexというファイルで構成されてます。

じゃ、odexファイルってなんじゃい!というわけですけど。

マーケットなんかでダウンロードしたアプリはapkってファイルしかないわけですが、

7-zipとかで、中身を見るとclasses.dexというファイルがあるはずです。

しかし、先ほどのSettings.apkの中にはありません。そう、Settings.odexがclasses.dexの

生まれ変わりですw

拡張子でいうと、dex=Dalvik Excecutableであり、odex=Optimized dexってことです。

つまり、odexファイルはその端末のdalvik(jitコンパイラですw)に最適化されたファイルです。

よって、jit v2ってのは、このdalvik(に付随するもろもろも含む)を変えるわけですから、動かなくなりますよねw

じゃぁ、どうするかというと、odexをdexに戻すわけです。(まぁ、方法は以前に書きましたので、参照くださいw)

これをdocomoファームに対してやったのが、ここで公開しているものの始まりです。

しかし、この仕組みには弊害があって、/data領域を減らしてしまいます。

実際、起動時にdalvikが動いて、各apkやjarからodexファイルを作成しているわけですが、

作成したからには、どこか物理的な場所に作成するわけで、この場所が

/data/dalvik-cache/

というディレクトリです。Root Explorerとかお持ちであれば、覗いてください。いっぱいあるのでw (消さないでw 誤って消しても、再作成するかもしれませんが、おかしくなったら再起動でw)

この/dataというのは、マーケットからダウンロードしたアプリも保存されます。

/data/app
/data/app-private ← spモードメール、mola touchとかはここにいます。(なぜ?)

/data/dalvik-cache/にodexを作成しなければ、/data領域が増えるのでアプリをもう少しインスコできるはずだ!だから、今度はdexを再びodexに!!
(これも大したことなく、odexファイルは/data/dalvik-cache/にありますからw)

odexファイルは/system/appまたは/system/framework/に入れます。なので、/dataは使いません。

こうして、v06は出来上がりました。なので、v05とv06はそんなに差はないはずです。

あ、カスタムは詰め込み方を変えてるので、四季折々違いますけどw

まぁ、なんですか。たいしたことしてないので、これからもたいしたこと出来ない気がしますけど、

よろしくおながいします。

次回は、ぽ箱4のパッチの当て方でも解説しますかw (え?もういいってw)